読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらタビだいき

もっと自由に、もっとハッピーに。誰かの心にぶち刺さる言葉を。

センター試験を迎える方へ。

20歳の語り場 高校生向け

f:id:daikistep:20170114221425j:plain

 

こんにちは。

寒い長崎県にまだ帰省中です。学校の授業はすでに始まっていますが、諸事情があり来週の火曜日にやっと沖縄に戻れそうです。

寒いと足腰らくちんコンドロイチンが必要なぐらい、腰が痛くなります。

早く暖かい沖縄に戻りたいと思います。(2月~3月はまた長崎)

 

いよいよ、センター試験ですね。

私が受けたのも早いことで2年前。推薦で受かっていたためほぼ遊びのように受けました。

自分とは違い、本気でセンター試験を受験する方がたくさんいると思います。そのような方に向けて、今日は書いていきます。

 

ーーーーーーーーーー

本日のテーマ

「センター試験を迎える方へ」

ーーーーーーーーーー

「頑張る」って言うひとほど頑張れない

この夕方の時間、センター試験会場の下見について取材の映像が流れていました。

その時によく「頑張ります!」と口にしている人がひらほらいました。そのような人って本当に頑張れるのかなぁとふと思います。

 

うん、頑張れないです。

 

前日に頑張るといっている時点で頑張れていません。

明日の本番も苦しい想いをすることでしょう。私はセンター試験は受けずに推薦入試で大学に入りました。その際に私は圧倒的な努力をしました。自身しかなくて受かる気しかしませんでした。それだけやったから。実際に試験会場についてからも、周りの人は変なノートを開いたりしていましたが、私は余裕って感じですかね。

結果は受かりました。

 

センター試験も同じような感覚ではないでしょうか。

圧倒的な努力をして受験すれば普通に受かるわけで!

圧倒的な努力をした人は、前日に「頑張る」なんて言わないでしょ。

むしろ心に余裕があるからカフェに行っちゃうんじゃないですか(笑)

今まで頑張ってきたから、あとはゆっくり解くだけだ。と。

 

センター試験だけじゃありません。生きていく中で何かしらの試験があれば前日に「頑張る」とか言ってないで、もっと早くから圧倒的な努力をすればいいだけですね。

「一つのゴール」として全力で倒そう

たまに学校の先生は言います。

「センター試験がゴールじゃないんだから」と。

いや、本気で圧倒的な努力をしてきた人にとっては「一つのゴール」ですよ。

 

人生の大きなゴールは人それぞれでセンター試験ではないかもしれない。

しかし、「今」のゴールはセンター試験でいいと思います。

1つのゴールとしてとらえて、全力で立ち向かい、倒せばいいんです。

 

センター試験は一つのゴールなんです。

余裕をもって頑張ってください

今までに圧倒的な努力をしてきた受験生の皆さん、

人生の中で一つのゴールとしてとらえて、センター試験を倒してきてください。

そして、心に余裕をもって、当日は休み時間にぼけーっとするぐらいの余裕で「頑張って」きてください。(今回センター試験を受けないので準備もしていないので「頑張れ」を使います笑)

 

ーーーーーーーーーー

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

何かあれば、「お問い合わせ」から受け付けます。