読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらタビだいき

もっと自由に、もっとハッピーに。誰かの心にぶち刺さる言葉を。

ありがとう

旅×Growing

 

【ありがとう】

 ありがとう。

タビを終えて、最初に頭によぎった言葉です。

 4月1日。

日本半周‐西日本編‐が終わりました。

45日間のタビでした。

そして、終わってから2日後。

ようやく頭が落ち着き始めたので、

「ありがとう」という題名で、記事を書いていきます。

 

2月15日に沖縄から鹿児島に出発しました。

それから地元長崎での休憩を終えて、4月1日に沖縄へ。

   その間でどれだけ多くの人に支えられたか。

 

お話しすることが大好きな松園は人と話せない日があり、

とても苦しい思いもした日がありました。

そんなときに、

道の駅や公園で話しかけてくれた子どもたち・おじさん・おばさん。ありがとう。

 

雨の日、

バイクに乗れず行き場を失っていた松園に、

温かいコーヒーや食べ物の差し入れをくださった、

三重県のおじちゃん・愛媛で出会ったお遍路さん・宮崎のいくらおじさん・大阪の陽気なおばさん・商店街で自転車修理屋をやっているおじさん・公園で出会ったお母さんたち。

ありがとう。

f:id:daikistep:20160403210157j:plain

f:id:daikistep:20160403210254j:plain

f:id:daikistep:20160403210353j:plain

缶コーヒーばかりの写真ですが、他にもたくさんありました。

写真がありません(笑)

 

同じライダーとして

「頑張れ」と声をかけてくださった全国のライダーのみなさん。

ありがとう。

 

食べ物がない松園に、お店の方は愛情たっぷりのご飯を作ってくださいました。

松園が行ったお店の方々。

ありがとう。

 

松園が急に電話したにも関わらず、

泊まらせていただいたカプセルホテル様・ゲストハウスのオーナーさん。

ありがとう。

 

タビ中に出会うことができた同じ旅人さん、

たっきーさん・ひろどんさん・てるほさん・ようさん。

ありがとう。

春は少なかったですが、夏はもっとタビビトさんに会えると思います。

 

学生団体Movementのみなさま、大事な時期に逃亡してしまいました。

気持ちよく送り出してくださりました。

ありがとう。

 

タビに出るにあたって全力で応援してくれた家族。

お父さん・お母さん・兄・弟。ありがとう。

おれのやりたいことなのに、道具の準備をとてもしていただきました。

ほんとにありがとう。

家族の支えがなかったら西日本周れませんでした。

毎日「旅はどうねー?」とラインをくれた母。

「○○に行ったがいいよ」とアドバイスや勇気をくれた日本一周経験者の父。

この松園家に松園大輝は生まれてきて本当によかったです。

 

分類するとこのぐらいになると思います。

しかし、

内訳を見てみると、本当にたくさんの方々に応援されたり、

協力してもらいながらタビを続けることができました。

また夏に行くので、

またたくさんの人に協力してもらうかもしれない形になります。

 

一人ひとりの顔が今でも鮮明に頭をよぎります。

それぐらい、出会えてよかった♬と思わせていただくような出会いばかりでした。

  「今出会っている人は出会うべくして出会っているんだ」

そう感じます。

 

最後に、

俺のやりたいことを応援してくださったみなさま、

ありがとうございました。

一人じゃなにもできない松園が、

こうやって西日本をぶらぶらできたのは、

みなさんのおかげです。

 タビを通してなおさら自分が好きになりました!!!!

 泊まったゲストハウス一覧【これからの人の参考になれば】

 ・guesthouse koma <大阪府大阪市

 ・旅人宿 石垣屋  <三重県亀山市

 ・ライダーハウスボーダー <京都府京都市

 ・ゲストハウス枕 <奈良県奈良市

 ・ゲストハウス縁楽堂 <兵庫県姫路市

 ・ゲストハウスじょじょに <愛媛県松山市

 ・ゲストハウスuchincu <徳島県徳島市

 ・かつおゲストハウス <高知県高知市

 ・ゲストハウス団欒 <大分県別府市

 ・ゲストハウスpumping <宮崎県日向市>

 ・南阿蘇リトルアジア <熊本県阿蘇市

 ・鹿児島リトルアジア <鹿児島県鹿児島市

                            計 12か所

 

45日間のタビ、ありがとうございました!!!

 

それでは、また

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学2年生へ
にほんブログ村