読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらタビだいき

もっと自由に、もっとハッピーに。誰かの心にぶち刺さる言葉を。

ブランドを生かしていますか。

旅×Growing

 

はい、どうもこんにちは。毎度おなじみ松園です(笑)

今は、学生兼旅人でございます。

はい、さっそく。

なぜ、私が最初に「学生」兼旅人と名乗ったのか。

 

それは、

タビを通して「学生」というブランド・何気ない銘柄が

いかに輝いているものなのか、

いかにいい意味で特別扱いを受けることができるのか、

というプラスの影響を日々感じることとができています。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:道の駅で出会ったおじさん(50代) I:松園

タビが大好きなおじさんとの会話を少しのせます

A:学生はタビしてても「よく頑張ってるなぁ」と思われるからいいなぁ。俺も君を見

  て、そう思っているよ。

I:ありがとうございます。どうしてもやりたかったことなので今はめちゃ楽しんでま

  すよ♪

A:しかしな、ここからよく聞いてくれ。俺も若かった時代10代~30代までタビが好き

  でよく一人旅してたよ。しかし、そこで待っているのは、社会人からの冷たい目線

  や声だった。俺が生きてきた時代というのは、会社に入って、その一つの会社でひ

  たすら働くことが賞賛されている時代だったよ。今も残っているかもしれないが、

  20年前よりはマシだよ。それでね、俺は好きで始めたタビもそのような概念のせい

  でしばらく出来なくなったんだ。本当に疑問を感じていた。50代に入って、また少

  し時間が出来てきたから、少しずつ再開しているんだけど。

  だから、君たちの世代<10代~20代を指す>の旅好きの人たちはいいよなぁ

I:確かにそうですね。自分もタビが好きで、今こうやって日本をぶらぶらしているん

  ですよ。そして、私はタビ中に「学生」というブランドの偉大さを感じています

  (笑)

A:そりゃそうだろなぁ。うらやましい限りだよ。俺の世代なんて、「学生」でタビし

  ているなんて他人に言ったら、「いい会社に入るためにそんなことはしなくていい

  から学校で勉強しなさい」と毎回毎回言われ続けていたよ。学生割引なんて言葉さ

  えもなかったしね(笑)。先日、美術館に行ったら「学生割引」という言葉を見て

  驚いたね(笑)だって、200円も引かれているんだから(笑)。だから俺は、受付

  の人に「学生です」なんて冗談を言ったぐらいだよ。俺も10代・20代の頃に「学生

  」という銘柄を使って、割引などを受けたかったなぁ。

I:おじさんたちの頃は、まだなかったんですね。僕たち10代からしたらあって当たり

  前のような気がしていました。勘違いでしたね(笑)

A:だからこそ、「学生」というブランドが出来ている今の時代、あなたたちはそれを

  思う存分『活用』しなさい。活用というのは、ただ「なる」だけじゃなく、「発信

  」したらいいよ。「俺は学生だ」と。今の時代、旅好きが許される時代になってい

  る。だから俺も50代だけど時間があればタビができる。

  これがね、20年だったら、50代で「タビしています」とか言ってたら、馬鹿か!と

  しか言われないよ(笑)それぐらい恵まれているんだよ。

I:そのことをタビ中はヒシヒシと感じますね。

  道の駅で休憩していても、張り紙を見て声かけてくれる人がたくさんいます。おじ

  さんのようにね(笑)。

  その人たちにも「今、大学生で長期休暇なので」と言うと、それだけで「学生なの

  によく頑張ってるね。お金の準備大変やったろーなぁ」とかプラスの声をかけてく

  だるんです。これが20年前は違ったんですね、、、、

A:そうだね。「学生」というブランドを自分からどんどん発信して、いろんな分野の

  人に出会って、吸収できるもの全て吸収したらいいよ。それが「学生」の強みの一 

  つでもあるからね。それじゃ、元気でタビ続けてね🎶また会おう!!

 

 タビの一コマ@三重県亀山市 道の駅 関宿 「アイスを食べていたら」

 

でした。

この少し長くってしまいましたが(笑)、会話を聞いて、何を感じ考えるでしょうか。

 

「学生」というブランドは20年前、(今の40代・50代)はなかった。

むしろタビしている時にそれを発信すると批判される。「勉強しろと」

しかし、今の世代(10代・20代)は、

「学生」というブランドを発信すると賞賛される「頑張ってるね」と。

この違いはなんでしょうか。

このような時代になったからこそ、

どんどん若者・学生は視野や考えを深めるためなどのタビに出ていけるような、

出ていきやすくなったような気がします。

あなたも出てみませんか?

『学生』というブランドを発信してみませんか?

 

僕はタビ中、意識していました。

声をかけてくださる人がいるたびに、激励の声をもらいました。

ここで勘違いしてほしくないのは、

ただ激励されたいから「学生」というブランドを

私は発信しているわけではありません。

 

伝えたいのは、自分の成長に繋がるタビが今は許されているんです。

だからこそ、

時代の雰囲気やブランドを生かしながら、

自己成長しようぜ♪ということなんです。

今いる環境から一歩外に出てみる。

この行動がすぐにできる時代なんです。

波に乗りましょう。

また、学生割引という特典をしているお店が増えてきています。

→美術館・資料館・博物館・ラーメン屋・ゲストハウスなど(自分が受けた場所)

  ※学生証が必要な場所がほとんどです(笑)

  ※しかし、松園は沖縄に置いてきました(笑)

  ※しかし、保険証を見せたりや大学HPのログインしたりしてなどして乗り越えま

   した(笑)

「学生」というブランドを発信するだけ、いいことばかりが起きるのです。

実際に起きちゃいました(笑)

みなさんも発信してみませんか。

 

関宿で出会ったおじさんに夏も会いに行きます。

学生として学びに。

 

それでは、また

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学2年生へ
にほんブログ村